デザインの「データ納品」って、どんな納品になるの?これを知っておけば大丈夫!

デザインの「データ納品」って、どんな納品になるの?これを知っておけば大丈夫!

こんつくしー。

デザインのお仕事をしている中でもよくある「データ納品」。今回はこの「データ納品」について、お伝えしたいと思います。

「データ納品について」

データ納品とは、実際の制作物(名刺・チラシなどの媒体)での納品形態ではなく、イラストレーターなどの制作ソフトのデータ、あるいは画像・PDF等のデータでの納品方法をいいます。

データ納品の中身

制作した内容にもよりますが、おおよそは下記のデータが納品されます。

  • PDFファイル
  • 画像ファイル(JPG・PNG)
  • Ai(イラストレーター)ファイル
  • PSD(フォトショップ)ファイル

イラストレーターファイルやフォトショップなどの「制作データ」を含んだ納品形態を「完全データ納品」という会社さんもあります。

Ai(イラストレーター)データの注意点

イラストレーターはバージョンによってはファイルが開くことができないことがあります。具体的には、

  • 【ファイルが開くことができないケース】
    ファイルを最新バージョン「CC」で保存
    → バージョンが「CC」よりも古いバージョンのイラストレーターでは開けない。

このケースは本当によくあります。逆に「ファイルを開くことができるケース」として

  • 古いバージョンで保存されたデータを、そのファイルより新しいバージョンのイラストレータで開く
  • 保存されたファイルと同一のバージョンのイラストレータで開く

納品時は「CS5」あたりで保存しておけば、ほぼこういったトラブルにあうことはなくなります。(経験上)

よくあるクライアントの疑問

名刺、チラシやフライヤーを制作した際に、クライアントから

「制作データ(イラストレーター・フォトショップ)のデータはもらえないんですか?」

と聞かれることがあります。この場合、私は「制作データ」はお渡ししていません。

お渡しする場合には、事前に納品形態に指定があるか、制作データを「買取」という形でお渡ししています。

ただし、ロゴの場合は性質上、制作データ(イラストレーター・フォトショップ)が必要になるケースが多いため、制作データもお渡ししています。

まとめ:知っていると当たり前な「納品データ」の内容だが..

知っていると当たり前の内容である「納品データ」の内容ですが、実は会社によってこの「データの納品方法や形式」は決まっておらず、様々です。

そのため、もしあなたが「こういう内容で納品されるのだろう」と思っていても、相手は全く違う内容で納品してくることもあります。

特に初めて発注・受注する際には必ず確認しましょー!
ではまた!

お仕事関連カテゴリの最新記事