以前おすすめしていた「バイクカバー」のその後。「Active Winner」は身を焦がしながら、いまだバイクを守ってくれている。

以前おすすめしていた「バイクカバー」のその後。「Active Winner」は身を焦がしながら、いまだバイクを守ってくれている。

こんつくしー。

以前、ご紹介したこちらの記事。

【前回記事】これはオススメできるバイクカバー「Active Winner」。長年のバイク駐車の悩みがとうとう解決へ。

あれから気づけば早5カ月が経過したので、ここらで再度、いまの状態を含めてレビューをお届け。

「Active Winner」は身を焦がしながら、いまだバイクを守ってくれている。

さすがに5カ月も経つと、状態が色々と変わってきますね。人も一緒ですね。

バイクカバーの色は黒から紫へ変色

Active Winner バイクカバー 防塵 防水 雨 強い 生地 長持ち 比較 撥水 持続 色 破れにくい 破れない ずっと使える 日焼け かける 守る
5カ月経過した「Active Winner」のバイクカバー

こちらが今のバイクカバーの状態。新品時と比べるとこんな感じ。色でいえば「ぶどう」のようになってます。ピオーネ。

Active Winner バイクカバー 防塵 防水 雨 強い 生地 長持ち 比較 撥水 持続 色 破れにくい 破れない ずっと使える 日焼け かける 守る
バイクカバーの状態(左:新品、右:記事時点)

こうしてみると「日焼けしたなー」っといった感じがよく分かりますね。ちなみに私が保管しているのは以下のような状態です。

バイクの保管場所屋外
日照条件1日の半分は日が当たる
バイクカバーの頻度汚れていない時はほぼかける

水の撥水はほぼゼロ

Active Winner バイクカバー 防塵 防水 雨 強い 生地 長持ち 比較 撥水 持続 色 破れにくい 破れない ずっと使える 日焼け かける 守る
バイクカバーの水の撥水状態(左:新品、右:記事時点)

こちらも見比べてみるとよくわかります。「水をはじいている」というよりは、もはや「流れている」といった状態です。

だがしかし。。。!

バイクの状態は劣化したが、カバーの役割は継続中!

5カ月経過すると、「見た目として」劣化はしましたが、実際に使っている感想は。。。

表面は撥水しなくなり、防水性は低下気味。

バイクカバー表面の撥水がほぼなくなってきたので、防水性は低下気味。若干カバーを雨が浸透しているようですが、バイクカバーとしてはまだまだ使えそう。

破れ・穴あきなどもナシ。

このバイクカバーと同時期ぐらいに買った「よくある自転車用の銀のやっすいカバー」は、穴あき・破れでただの「切れ端」状態になってますが、このバイクカバーは破れ・穴あきなども現時点でゼロ!

強めに引っ張っても破れる気配はなし。あなどれぬ。

台風でも飛んでいかないフィット感は継続中。

この時期に多い台風や強風ですが、周囲の家のカバーが飛んでいく中、このバイクカバーは飛んでいくことなくて安心。

さすがに台風ぐらいだと、バサバサという音がしてましたが、結果的には「少しカバーがめくれたぐらい」で無事しのげました。(めくれるとさすがに雨があたってましたが)

まとめ)ここまでくると「いつ変え時か」が気になってくる

新品購入時から5カ月程度経過しましたが、まだまだ活躍してくれる「Active Winner」。

ここまでくると「ダメになる日」はいつ頃になるか気になってくる。。

1年もつかな?年内かな?最後はどんな状態かな?

また交換するときには記事にしてみたいと思います。

Active Winnerはメーカー保証期間1年ついてたり、大きさの違うカバーもあるので、もし興味がある人は是非チェックしてみてください。

ではまた!

色んなことカテゴリの最新記事