【正直レビュー】台湾パインは本当に美味しいのか?美味しいんです。

【正直レビュー】台湾パインは本当に美味しいのか?美味しいんです。

こんつくしー。

ニュースでよく見る話題の「台湾パイン」。2021年3月1日に中国が台湾パイナップルを輸入停止にしたのがキッカケで日本にも多く輸入されるようになりました。そんな中、「台湾パインが芯まで食べれて美味しい」という話を聞き、フルーツ好きな私が台湾パインを正直レビュー。

気になる「台湾パイナップル」の種類や味はどんな感じ?

台湾パイナップルの種類

台湾パイナップルにも色々と種類があるようです。

各種類によって味や特徴は様々

■金鑚パイナップル :台湾で 番有名な品種。甘みが強い。
■王蜜パイナップル:甘みがありジューシー。(←今回食べた品種)
■土鳳パイナップル : 酸っぱく、繊維が粗め。加工品に多く使用。
■ミルクパイン :果肉が白い。繊維が少なく柔らかめ。 などなど

10種類以上もあるということですが、今回は「王蜜」という名前のパイナップルを食べてみました。(比較的リーズナブルな品種なのかも?)

参考記事:中国が禁輸で…注目の「台湾パイナップル」が日本にやってくる!どんな味?どこで買えるのか調べてみた(Yahoo!)

実際に台湾パイナップルを食べてみた

購入した台湾パインの価格と見た目

今回購入した台湾パイン(王蜜)がこちら。金額的には1玉で約600円ぐらいでした。

台湾パイナップル 美味しい ネット スーパー 芯まで食べれる 甘い 甘み 酸っぱくない
台湾パイナップル(王蜜)

実際に食べたパイナップル品種の特徴か、葉の部分が実の部分より小さくてかわいい。

台湾パイナップル 美味しい ネット スーパー 芯まで食べれる 甘い 甘み 酸っぱくない
葉の部分が実の部分より小さくてかわいい台湾パイナップル

台湾パインをカットすると中身はこんな感じ

デデン。ずっしりと重みのあるパイナップル。

台湾パイナップル 美味しい ネット スーパー 芯まで食べれる 甘い 甘み 酸っぱくない
綺麗なイエローの果肉・台湾パイナップル

う、うまい。

確かに、多少甘みという部分では甘くないにしても、芯も美味しく食べることができます。筋っぽい感じではなく、サクサクと歯応えがいい感じが好きです。

台湾パイナップル 美味しい ネット スーパー 芯まで食べれる 甘い 甘み 酸っぱくない
ジューシーな台湾パイナップルの断面

写真で見てもわかるように「みずみずしい果肉」から果汁が溢れてます。
これまで食べてきた一般的なパイナップルとは確かに違いますね。酸味より圧倒的に甘みがあります。

まとめ:これはオススメできる美味しさ

確かに話題になるのもわかるぐらい美味しい「台湾パイナップル」。ただ一般的なパイナップルに比べ、価格が少し高めですが、オススメしたいぐらい美味しいです。

おそらくジブリの「おもひでぽろぽろ」に出てくるパイナップルを食べるシーンもこの台湾パイナップルなら「バナナの方が美味しい」という描写にならなかったかもしれないです。

購入はネットからスーパーまでどこでも買えるよので気になる方はぜひ試してみてください。

ではまた!

色んなことカテゴリの最新記事