【2020年】実際どうなの?Amazon・楽天市場でも高評価のおすすめワイヤレスイヤホンを実際に買ってみた。

【2020年】実際どうなの?Amazon・楽天市場でも高評価のおすすめワイヤレスイヤホンを実際に買ってみた。

こんつくしー。

近所の人に平日の昼間に家にいても「テレワーク(在宅勤務)ですか?」と聞かれるぐらい浸透したテレワーク(在宅勤務)というワークスタイル。

先日、スマートフォンをXperia 1 II(エクスペリア・ワン マークツー)に機種変更した流れで、今まで使用していたワイヤレスイヤホンに別れを告げ、新たな「最新ワイヤレスイヤホン」をAmazon・楽天で購入。

Amazon・楽天市場でも高評価レビューの高い(星4つ以上)のおすすめワイヤレスイヤホン2種を購入し、実際の使用感を交えながら評価・ご紹介いたします。

Amazon・楽天で購入した最新ワイヤレスイヤホン

TaoTronics(タオ トロニクス) ワイヤレス イヤホン

TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0  片耳対応 高評価 使いやすい 高音質
TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0(Amazon)

TaoTronics(タオ トロニクス)のワイヤレスイヤホン。
見た目はシンプルでなかなかいい。しかもこのワイヤレスイヤホンは「片耳でも起動」します。

ワイヤレスイヤホンでは重宝する「片耳再生使用」も可能

周りの声や音が聞こえた方が都合がいい私としてはこの「片耳タイプのワイヤレスイヤホン」は重宝します。(種類によっては両方起動しないと動かないタイプもあるため、購入時には注意するポイントです。)

TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0  片耳対応 高評価 使いやすい 高音質 取説 見た目 デザイン
TaoTronics ワイヤレス イヤホン 開封後

悔やまれる充電口「TYPE-B 」

TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0  片耳対応 高評価 使いやすい 高音質 部品 イヤホンパーツ 実際 充電 TYPE B
TaoTronics ワイヤレス イヤホンパーツもある。充電はTYPEーB

惜しいのは購入したタイプは充電口が「TYPEーB」(充電口が台形の形)だったこと。最近の充電口は「TYPEーC」(上下の区別がない形)が多いため、充電口の先端を変換するか、付属のUSBタイプのケーブルに差し替えないといけません。

TaoTronics ワイヤレス イヤホンの取説。日本語の説明もちゃんとあります。
TaoTronics ワイヤレス イヤホンの取説。日本語の説明もちゃんとあります。

TaoTronicsワイヤレスイヤホンを実際に使用してみた感想・評価レビュー

実際にこのTao Tronicsワイヤレスイヤホンを使用してみて良かった点はこちら。

  • 通話機能(ハンズフリー機能)あり
  • イヤホンの起動、イヤホン本体への充電速度は比較的早い。
  • イヤホン本体は単体で最大約6時間の連続再生が可能。
    【単体6時間&合計40時間連続再生】
  • 片耳でも起動・再生可能
  • 音質も比較的良い(個人差がありそうですが)
  • イヤホンをつけたまま6~7mぐらいスマホから離れても接続問題なし
    (ドアなどの遮蔽物があれば、接続環境は変わりそう)
  • 一度Bluetoothを設定すれば、あとは自動接続(両耳・片耳とも)

逆に実際に使用していて気になった点はこちら。

  • 片耳でも通話可能だが、右耳だけを起動・装着し通話すると、こもった声になる(通話(話す・聞く)両方とも)
  • コンパクトなため、持ち運びやすいが同時に失くしやすい
    (ワイヤレスイヤホンの宿命か)
  • イヤホンをつけて運動すると少しずれやすい印象
    (かなり奥気味に入れるか、耳の穴に合うサイズのイヤホンゴムを模索中)
  • 充電口がTYPE-B

このTaoTronicsを私が使用するシーンが「プライベート」時のため、「快適に音楽・動画が楽しめれば良い」という感覚で使用する分には十分な性能だと思います。

TaoTronicsのAmazon・楽天市場

[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセット

[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセット(Amazon)

こちらは「お仕事用」として購入した片耳タイプのワイヤレスイヤホン。
「片耳タイプ」のワイヤレスイヤホンですが、耳をひっかける部分が回転するため、左でも右でもどちらでも装着することができます。

この「外側にマイクがある」のが良いのか悪いのかは、後ほどレビューにて。

取説も日本語でイヤホンゴムもり、予想よりケースがかっこいい。

[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセット・箱かっこいい
[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセット・取説も日本語ぱっちり

こちらのワイヤレスイヤホンは「TYPE-C」となります。ワイヤレスイヤホンによってTYPE-BだったりTYPE-Cだったりするのは何か違いに理由があるんでしょうか。。。(謎です)

[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセットを実際に使用してみた感想・評価レビュー

実際にこの[令和2年進化型]Bluetoothヘッドセットを使用してみて良かった点はこちら。

  • 片耳タイプだが、左右ともどちら側の耳でも使用可
  • 通話は聞く・話す両方とも良好
  • ワイヤレスは6〜7mぐらいは接続良好
    (接続が不安定になるとピッピと音がします)
  • 「最大8時間の音楽再生や10時間の連続通話」なため、充電すれば丸一日十分使える
  • 起動・接続は比較的早い
  • 商品の形状のせいか、装着すると「オペレーター」気分が味わえる
  • 耳にかけるタイプは初めて使用したが、装着にあまり違和感はなかった

逆に実際に使用していて気になった点はこちら。

  • 聞く側は良好だが、通話(話す側)は周りの音や声を拾いやすい
    (周りで会話があるとその声が聞こえているらしい。外側にマイクがあるのが原因か)
  • 上記のため、使用する場合は一人でいる時、移動中の車内など少し周りの環境に気を遣うこともしばしば。

予想以上に「周りの声や音が通話(話す側)」に入ってしまうのは想定外でしたが、それ以外の使用感は悪くないです。

ヘッドセットのAmazon・楽天市場

まとめ:TaoTronicsの方はおすすめだが、ヘッドセットの方は条件付きか

TaoTronicsの方は実際に使用した感じもよく、普段使いには十分活躍してくれますが、ヘッドセットの方は「周りの声・音を拾う」場合には、会話がしづらいため、「一人作業」や「周囲が騒がしくない」「移動中の車内」など少し使用する環境に使用感は依存しそうです。

ただ両方とも共通して良い点として、「通話しながら両手があくため、パソコン作業ができる!」のが一番のおすすめポイントです。

いくらチャットツールが発達しても「毎回、電話をかけてくる人」は一定数いるため、私自身は時間を節約する目的で「ワイヤレスイヤホン」はおすすめです。

ぜひぜひワイヤレスイヤホンを探している方などは参考にしてみてください。

ではまた!

おすすめアイテムカテゴリの最新記事